読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneでゲームするならAppGameStream

気になったiPhone・Androidのスマホゲーム情報をお届けします。

【レビュー】ステージではなくキャラに手をくわえた新しい発想の立方体パズル『Flipominos』

ゲームレビュー

f:id:digimaga:20160612105829j:plain

 立方体を転がしてゴールまで運ぶパズルゲームを進化させた『Flipominos』をレビュー。

動かす立方体を複雑にしたパズル

 立方体パズルはイロイロあれど、基本的にはステージに手をくわえるタイトルが多かったと思う。

 まれにキャラ――動かす方に手をくわえたものもあるが、長さが違ったり色をつけたりする程度で(ステージにも色をつけ、同じ色の面同士しか接触できない縛りルールを取っていた)大きな変化はなかった。

f:id:digimaga:20160612105840j:plain ▲立方体をスワイプで転がして

f:id:digimaga:20160612105842j:plain ▲ゴールまで運べばOK

 そこに手をつけたのがこのFlipominosだ。

 Flipominosはこれまで1×n程度だったキャラのかたちをテトリミノのように複雑にする手をくわえており、それによりステージにもこれまでにないさまざまな面白さを追加できる……はずだった。

f:id:digimaga:20160612105929j:plain ▲Flipominosは立方体をより複雑にした

自由度がなく唯一の答えを探すだけ

 実際にプレイして分かったのは、手をつけないのはそれなりに理由があったということだ。自キャラが複雑なかたちに変化すると、ステージはどうしてもそれに合わせることになる。つまり解き方が固定される。ほとんどのステージが一本道になってしまうのだ。

f:id:digimaga:20160612111434j:plain ▲複雑であればあるほど解き方は固定される

 これはハッキリ言って悲しい。このキャラの変化とステージの自由度をどう両立させるかが作り手の腕の見せどころだと思うが、それがうまく発揮されたとして面白いかどうか自信は持てない。

 また、Flipominosの自由度が低く感じるのはステージが狭く、立方体が移動できる方向も固定されているせいでもある。ステージ外にいけないのは当たり前にしても、高さがことなるだけでNGになるのはどういうことだ。そこはゴロンと転がってくれてもいいのではないか。

f:id:digimaga:20160611223508j:plain ▲立方体が持ち上がるように転がすことはできない

 そうするとゲームが簡単になるのだろうが、その不自由度が面白さにつながってないのだから残念でならない。結局、よくある立方体パズルだった。

Flipominosの評価

 立方体パズルとしては普通の面白さ。勝手に期待していた自キャラをいじる部分は面白さ減と残念。

f:id:digimaga:20160609163507g:plain

Flipominos

Flipominos

  • Ultramegatronic
  • ゲーム
  • ¥360