読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneでゲームするならAppGameStream

気になったiPhone・Androidのスマホゲーム情報をお届けします。

【ポケモンGO攻略】モンスターボールを100%当てられる投げ方「AssistiveTouch投げ(iPhone限定)」

ポケモンGO

f:id:digimaga:20160728174104j:plain

 Niantic×ポケモン×任天堂の位置情報ゲーム『ポケモンGO(Pokémon GO)』を攻略中。このページではモンスターボールを(ほぼ)100%当てられるAssistiveTouch投げについて紹介しています。

AssistiveTouch(アシスティブ・タッチ)とは?

 AssistiveTouchとは、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスにだけ提供されている特別な操作方法です。早い話がiPhone限定の投げ方です。

 このAssistiveTouchで「指定した操作」=【ジェスチャ】を作成し、ボタンをタップするだけで自分の代わりにモンスターボールを投げて貰う方法をAssistiveTouch投げと言います。

AssistiveTouchでジェスチャを作成しよう

 まずは『設定』アプリを開き、【一般】→【アクセシビリティ】→【AssistiveTouch】をタップして、AssistiveTouchの設定画面を開きます。

f:id:digimaga:20160728174125j:plain

 次に一番下にある【新規ジェスチャを作成】をタップします。

f:id:digimaga:20160728174127j:plain

 新規ジェスチャ画面になるので、ここでモンスターボールを投げるように真っ直ぐスワイプしてください。

f:id:digimaga:20160728174128j:plain

 線が曲がっている場合は左上の【キャンセル】をタップし、再度新規ジェスチャを作成します。

 何度も挑戦して真っ直ぐスワイプできたら、最後に右上の【保存】をタップして名前をつけて保存します。

f:id:digimaga:20160728174130j:plain

 ジェスチャの名前は、スワイプした距離が分かるものにすると管理がしやすくなります。

 ボクは「ボール投げLv1~6(短い~長い)」で管理しています。

ジェスチャを設定しよう

 スワイプする距離が異なる複数のジェスチャを作成したら、AssistiveTouchの設定画面で【最上位メニューをカスタマイズ】をタップし、各アイコンに作成したジェスチャを設定していきます。

f:id:digimaga:20160728174131j:plain

 アイコンは最大で7つまで増やせます。

 よってジェスチャは短いスワイプから長いスワイプまで、距離によって6~7個用意すると便利です。

f:id:digimaga:20160728174132j:plain

 実際どのような距離なのかボクのジェスチャで紹介します。左から順にLv1、Lv2、Lv3、Lv4です。

f:id:digimaga:20160728174133j:plain

 Lv1はポッポやコラッタ、Lv2はビードル、Lv3はドードーなどポケモンとの距離によって使い分けています。

ホームボタンのトリプルクリックで呼び出せるようにしよう

 ジェスチャの準備ができたら、今度はポケモンGOのプレイ中に簡単にAssistiveTouchを呼び出せるようにします。

 『設定』アプリから【一般】→【アクセシビリティ】→【ショートカット】をタップし、ショートカットにAssistiveTouchを設定します。

f:id:digimaga:20160728174134j:plain

 これで、ホームボタンをトリプルクリックするとAssistiveTouchを呼び出せるようになります。

実際にポケモンを捕まえてみよう!

 それでは実際にポケモンを捕まえてみます。

 ポケモンをタップしたあと、ホームボタンをトリプルクリックしてAssistiveTouchを呼び出します。

f:id:digimaga:20160728180609j:plain

 AssistiveTouchをタップして、作成したジェスチャのうちどれを実行するかを選びます。

f:id:digimaga:20160728180610j:plain

 ジェスチャを選ぶと、どの位置からジェスチャを実行するのかを指定するボタンが表示されます。

 ポケモンの真ん中にあたるように、できるだけ中心線に合わせてスワイプでボタンの位置を調整しましょう。

f:id:digimaga:20160728180611j:plain

 そしてボタンから指を離すと、ジェスチャ=真っ直ぐスワイプが実行され、自動的にモンスターボールが投げられます。

f:id:digimaga:20160728180612j:plain

 今回は【ナイススロー】判定となりました。

f:id:digimaga:20160728174140j:plain

 タイミングさえあえば【エクセレントスロー】も余裕で出せます。

f:id:digimaga:20160728174141j:plain

 これがAssistiveTouch投げです。スワイプミスでモンスターボールをムダにしなくなるため、アイテムの管理もラクになります。

 iPhoneユーザーならぜひとも使いましょう。

 Androidユーザーは似たような動作ができるアプリを探して試してみてください。

この投げ方ずるくない?

 ……ずるい、です。

モンスターボールの基本的な投げ方

 モンスターボールの基本的な投げ方については以下の記事で解説しています。

app.gamestream.jp